茨城の建売住宅はメーカー比較をして選ぶのがおすすめ

茨城で高価格帯の建売住宅を買うときのポイント

相談する

不動産価格が割安な茨城では、4000万円以上の新築一戸建ては高額物件のカテゴリーに属します。また通勤を重視するビジネスマンが建売住宅を買うときには、駅前にある高額物件を選ぶ傾向が強いです。特に朝のラッシュ時に座って通勤できるために、始発電車の多さに注目して駅近の建売住宅を購入する人が増えています。また茨城には田畑が広がる地域も多く、駅前であっても今後さらに開発が進む可能性が高いです。したがって駅から徒歩圏内で建売住宅を買うときには、将来の開発の見通しについても注目するべきです。将来的に主要道路が開通したり、大型商業施設がオープンする地域の物件は、特に家を買うために遠方から茨城に移住する人にも好評です。しかし周辺環境や将来性だけではなくて、建売住宅を買うときには、建物本体にもこだわることが重要です。特にハウスメーカー施工の物件は、セキュリティにも優れているので人気があります。また第一種低層住居専用地域内の物件は、静かな環境が保証されているので注目度が高いです。そして建物に加えて地盤保証も付いた物件は、安心して暮らせるので人気が高まっています。またキャリアが長い営業担当者と相談すると、初めてでも慎重に住まい探しができます。

ニュース